2012年09月03日

亀のひみつとヒネヤ2の8

『ヒネヤ2の8』の「サイン本(販促用しおり付き)」取り扱い店舗が増えました。サイン本は少部数での取り扱いとなります。よろしくお願いします。

[9月7日追記]
9月7日より、紀伊國屋書店新宿本店C&Dフォレストで、「サイン本(販促用しおり付き)」の取り扱いが始まりました。よろしくお願いします。

【模索舎】新宿 http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/
【紀伊国屋書店】新宿本店C&Dフォレスト(アドホックビル2F)
 http://www.kinokuniya.co.jp/store/Shinjuku-Main-Store/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

あと、visualogというネット通販ショップ(色んな作家のグッズが売ってる)に、青林工藝舎コーナーがあって、そこでカナッコグッズも取り扱ってもらってます。
http://www.visualog.jp/category/select/bid/477

カナッコ iPhoneケースが欲しいんだけど、iPhone持ってないんだよな。ヒネヤが100万部売れたらiPhone買おう。個人的には、カナッコ弁当ジャーを作って欲しいです。最近、告知とか宣伝ばかりですみません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先週、『ヒネヤ2の8』特典取り扱い店舗の一つである、倉敷・蟲文庫の田中美穂さんから、発売されたばかりの本が届いた。

『亀のひみつ』田中美穂 著、矢部隆 監修(WAVE出版)1,680円
http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/9784872905786/

田中さん、随分前からこの本の執筆に取り組んでたし、その間に震災が起こって出版業界にも様々な影響が出てたしで(今も深刻な状況に変わりない)、自分たちのことは棚に上げとくとして、人ごとながら進行具合が気になってました。出来上がった本を眺めてると、なんか色んなことがアタマの中を巡ったりする。わし、亀のことあんまり知らんけど、この本読んでたらなんだか楽しくなってくる。ゼンマイアタマ超おすすめ本。ともかく出版おめでとー。ところで田中さん。新体制の不失者、はやく見た方がいいよ。超カッコいいよ。あ、機会があったら今度一緒に行きましょー

【出来立てホヤホヤの亀のひみつとヒネヤ2の8】
1209031.jpg

田中さんがブログでヒネヤのことを書いてくださってる。ありがとー
http://mushi-bunko-diary.seesaa.net/article/290035519.html
「小亀さん、またエビフライ買い食いしましょー」(あらい)

続きを読む
posted by 薇頭 at 20:27| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

『ヒネヤ2の8』販売開始 そして夜間中学

昨日販売開始の『ヒネヤ2の8』ですが、サイン本取り扱い店舗が決まりましたので、特典取り扱い店舗を含め、あらためてお知らせします。

「サイン本」「特典チラシ」「販促用しおり」の3点全て揃って購入できるのは、以下の2店舗になります。なお、アックスストア(青林工藝舎)での予約は終了いたしました。たくさんの御予約ありがとうございました。

【タコシェ】東京・中野 http://tacoche.com/
【蟲文庫】 岡山・倉敷 http://homepage3.nifty.com/mushi-b/

現在、「サイン本(販促用しおり付き)」の販売店舗は以下4店舗です。サイン本は、いずれも少部数での取り扱いとなります。

【ヴィレッジヴァンガード】
 お茶の水店 http://www.village-v.co.jp/shop/list/detail/?code=85
 高円寺店  http://www.village-v.co.jp/shop/list/detail/?code=272
 下北沢店  http://www.village-v.co.jp/shop/list/detail/?code=13
【コミック高岡】神保町 http://www.comic-takaoka.jp/index.html

本が店頭に並ぶのは、各店舗毎に時間差があると思いますので、入荷情報などは各店舗のホームページやツイッターなどを参考になさるか、直接お問い合わせください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

8月30日(金)、渋谷UPLINK。『根本敬の映像夜間中学』に行ってきた。初めて受講したけど、授業というより、どうしようもない生徒と素行の悪い顧問の先生が、部室で一緒にしょうもない映像みながらダラダラ遊んでる感じがとても心地よかった。マイルス・デイビスの長時間映像の苦痛と快感の先にあらわれたモノにクラクラ目眩を感じた。スゴいんだかスゴくないんだかさっぱりわからない。素晴らしい授業だと思った。

後半、山崎春美さんをゲストに招き、まずは蛭子能収さんと30年ぶりに再会した時の映像が流された(この日の16時に収録されたもの)。終始とぼけたインタビュー対談も良かったけど、UPLINKの前を、はじめてのおつかい状態で歩いて来る蛭子さんを山崎さんが呼び止め近づいていく映像がとにかく美しかった。

インタビュー対談の映像のあとは、山崎さんがこれまでやってきたことの映像や音源などを紹介しながらのトーク。詳細は書きませんが、これがかなりオモシロかった。終了間際のラリーズ話しも良かった。友達と喫茶店なんかでダラダラ喋ってると、いつの間にかラリーズの話しになってるってのは誰にでもよくあることですが、それをヨコから盗み聞きしてるような楽しさ。いわゆる、『隣のラリーズ』状態。この日、個人的にとくに印象に残ったのは、宇宙人の春を爆音で聴いている時の山崎春美さんの表情でした。

この日のことが、8月31日の青林工藝舎の編集部だよりに詳しくあります。
http://seirinkogeisha.sblo.jp/article/57918908.html

この中に、山崎さんとあらいさんのツーショットがありますが、撮影なさったのがアックス編集部の高市真紀さんというのが個人的にスゴくうれしい。

【特殊漫画大統領といっしょに】
120901.JPG
posted by 薇頭 at 13:27| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。