2013年12月31日

20131231

今年のライブ観戦は昨日のタコで終了。去年もタコ観戦で終わった。そういえば今年はライブあんまり行かなかった。自分たち好みのハードコアのライブはまあまあ行ったけど、ふつう?というかそれ以外のバンドを観に行く回数はかなり減った。
そんな中、今年野音で初めて観た、Ogre You Asshole(オウガ・ユー・アスホール)がすごく良かった。自分たちのまわりにはオウガ好きな人が結構いて、天の邪鬼なわしらは逆に避けてたんだけど、あるきっかけで観に行ったらスゴく良くてもっと早く観ときゃ良かった・・・ ほんのり後悔した。


この日のライブ(オウガwithメルツバウ・9/24@渋谷WWW)は、今年観たすべてのライブの中でもしかして一番音がデカかった? そんな気がする。

話しを戻してタコ。タコといえば山崎春美。山崎氏といえば、今年12年振りに復活した、『EATER 2014 REBIRTH』(K&Bパブリッシャーズ)で、『ヒネヤ2の8』を自身のコラム『あやふやレビュー』で取り上げてくださってた。ヒネヤどうこう言うよりこのレビュー自体ひとつの新しい物語となってる時点で山崎春美やっぱスゲエ・・・ と唸ってしまった。イーターがこのまま続くかどうかは知らんけど、山崎氏のこの連載は読み続けたいと思った。
あとものスゴく遅い報告になりますが、8月に出た『まんが秘宝 男のための青春まんがクロニクル』(洋泉社)で、伴ジャクソン氏が『チュウチュウカナッコ』を取り上げてくださってた。さらにものスゴーく遅い報告になりますが、去年(!)の北海道新聞で、阿部幸弘氏が『ヒネヤ2の8』を取り上げてくださってた。どれもこれもありがたく読ませていただきました。あと、雑誌媒体でカナッコシリーズのどれかを取り上げてくださってるという未確認情報が数点。読んでないので何とも言えませんが励みになりました。
年末ムードで宣伝モードに入ってるついでにもうひとつ。今売ってるアックス96(青林工藝舎)からカナッコシリーズが再開されました。タイトル『ヒネ北経由厨行き』です。『ひねきたけいゆくりやゆき』と読みます。よろしくお願いします。宣伝終了。しかし自分たちの宣伝って普段使わない脳のどこかの部分が動いてる感じがして変な感じになるのであんま使いたくないです。今度宣伝する時はあらいさんお願いします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて今年もあとすこしで終了。来年の目標、というよりやるべきことはとにかく『ヒネ北経由厨行き』を先に進めること。ですよねあらいさん。ということで、物語は続くという意味を込めて今年最後はこの曲で締め。みなさん良いお年を!

【Quincy Jones - Tell Me a Bedtime Story】
posted by 薇頭 at 13:00| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

Yes We Can Can

6日(金)午後。銀座三原橋地下のカレーコーナー三原へ。三原橋地下に来たのは、銀座シネパトス閉館の時以来だから約9か月ぶり。三原橋地下は取り壊しが決まってるので、シネパトスはもちろん、他の飲食店もすべて閉店か移転済み。喫煙所でタバコを吸ってる人以外、通行人もまばら。閑散。でも、寂しいというより、都会の中の異空間的存在で不思議と落ち着く。その異空間で、カレーコーナー三原だけが営業中。金曜日はカレーの日で、普段よりカレーが安い。昼時ということもあって満席。ひさしぶりの三原のカレー超ウマい。ごちそうさま。帰り際ご店主が「たまに来てくれるね」と声をかけてくれる。飲食店でお店の人に顔をおぼえられたということがわかったらなんとなく行きづらくなるけど、三原はむしろウレシくなってまた行きたくなる。ということでまた行きます。

【カレーコーナー三原】
131207a.JPG

カレーコーナー三原の後はヴァニラ画廊『エドワード・ゴーリーの世界』展へ。平日にもかかわらず大盛況。主に版画やポスターの展示。あと、原画とその原画を使った本なんかが展示してあった。洗練された文字が入ったぶん、原画より本のほうが完成度の高いものもあった。思いがけず装丁の勉強になった。あと、ある一定層になぜこんなにゴーリーは愛されるのか、展示作品を眺めながら色々と想像をめぐらせるのも楽しかった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

銀座の後は国会議事堂正門前に移動。特定秘密保護法に対する反対抗議行動に参加。特定秘密保護法に対する抗議行動というより、個人的には、明らかに暴走してる安倍政権に対する抗議行動として参加。結果的に特定秘密保護法は可決・成立したけど、虚脱感や敗北感などはなく、むしろなんかこう、より前向きな気持ちになってるのが自分でも不思議。これはたぶん、昨日の国会前でのあのものすごい “怒り” の渦を直接体験したからだと思う(前日の国会前にこの感じはなかった)。今まで参加したデモにはなかった質の怒り。ネットの中では感じることがない皮膚感覚としての怒り。ネガティブな怒りではなく、何かを生み出す時のポジティブな怒りというか。
ともかく、ゼンマイアタマ内政治部門(!?)の当面の目標はハッキリした。現ファシスト政権に対し明確に反対する(原発行政に反対することにもなる)。やり方としてはこれまで通り直接街に出て(視覚化のため)、声をあげる。ずいぶん簡単。こういうこと書くと、「さむいヤツ」「イタいヤツ」って言う人がいるけど、そのへんに関してゼンマイアタマは無感覚なのでまったく問題なしです。ただ、「政治的な発言をするのは自分のキャラじゃない」「さむいヤツ、イタいヤツだと思われたくない」と思いながらも勇気を出して自分の考えや声明を出したり、抗議行動を行ってる人に対し、邪魔をしたり揚げ足とって気持ち良くなってる人を見つけたら呪いをかけます。コワいっすよ。

131207b.JPG
国会議事堂に向けられた「NO PASARAN」の横断幕。スペイン語で「奴ら(ファシスト)を通すな」の意。外国語で書いたメッセージは、日本で何が起こってるのか世界中の人に視覚的にダイレクトに訴えることができるのでかなり効果がある。わしらも今度は英語バージョン、それかイラストだけのメッセージボードを作ろう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【The Pointer Sisters - Yes We Can Can】

「私たちにはできる。やればできるんだ。そう、私たちはこの世界をもっとよくできる」。そんな歌詞の歌です。自分はこんな風に考えたことはないけど、この4人なら本当に世界をもっとよくできるかも? などと他力本願なことを考えてしまう。しかしこの映像ほんとカッコいい。
posted by 薇頭 at 22:21| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

Fascist Institution

今まで何度か「ファシストくたばれ!」と聞いたけど、昨日ほどしっくりきたことはない。自分も生まれて初めて自然にそう声を上げたことに自分でも驚いた。ノドがいたい。。。

131206.jpg

ところで来年DOOMが来日するんですね。うおっ!!! FRAMTIDも!!!!!
【OBSCENE EXTREME Asia 2014】http://www.obsceneextreme.cz/index.php?lang=ja

posted by 薇頭 at 11:10| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。