2014年01月26日

10数年振りのタクシードライバー

昨日から来月24日まで、シネマヴェーラ渋谷で谷口千吉監督特集。もちろん『独立機関銃隊未だ射撃中』(1963年)も上映。色んな観点からみて超えてる映画です。必見!
さて、今回も映画のことですので大したことは書きませんが事前にどんな情報も知りたくない人はスルーでお願いします。扱う主な映画は、『コックファイター』『タクシードライバー』です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

23日(木)。池袋新文芸坐で『恐怖と欲望』(1953年/監督・スタンリー・キューブリック)、『コックファイター』(1974年/監督・モンテ・ヘルマン)。恐怖と欲望はともかくコックファイターが良過ぎて.... もうすべてがたまらん。登場人物全員(鶏含む)なんかこう信用出来る感じ。音楽も素晴らしくて、エンドクレジットで “Michael Franks” と出たとき、あのAORシンガー? もしかして同姓同名の別人? って思ったけどパンフレット買って確認したら本人だった。

【Michael Franks - Dobro Ladies】

70年代中盤から80年代にかけてのアーバンなAOR路線になる前の曲。1st(1973)に収録。映画では使われてません。

池袋のあとは渋谷に。ハチ公前で行われる、東京都知事選の立候補者の公開討論会を聴きに行く。先週は吉祥寺で他の候補者の街宣を聴く。今回、自分達の入れたい候補者はすんなり決まった。そういえば、脱原発候補の一本化を主張し、主張が通らず断念したあと、特定の候補者を支持する声明を出した人たちがいた。もし、このグループの要求通り候補者が一本化された場合、自分達は棄権するところだった。とりあえずこの人たちのことはおぼえておこっと。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

24日(金)。新文芸坐で『ラスト・ワルツ』(1978年/監督・マーティン・スコセッシ)、『タクシードライバー』(1976年/監督・マーティン・スコセッシ)。タクシードライバーは当初は観るつもりがなかったけど、ほぼニュープリントのフィルム上映ということなので急遽観に行った。今後フィルム上映される機会はどんどん減っていくだろうし、もしかしたら人生最後のフィルムでのタクシードライバー鑑賞になってしまうかもしれんし。ラスト・ワルツはザ・バンドのことをほとんど知らないのでちょっとばかし長く感じた。
で、タクシードライバー。最初この映画を観たのは高校一年生の時。広島サロンシネマでのオールナイト。『真夜中のカーボーイ』『グロリア』『ロング・グッドバイ』『さらば愛しき女よ』、そして『タクシードライバー』の五本立て。大袈裟でなくこの日人生が変わった(良い方か悪い方かはわからん)。この組み合わせを考えてくれたサロンシネマには感謝。タクシードライバーを観たあとのあのロビーの空気。壁に貼ってあった破れたタクシードライバーのポスター。このポスターがあまりにもカッコ良く、劇場の人に勇気を出して「ください」と言った時のドキドキ感。快く譲ってくれたときのあのウレシさ。今でも鮮明におぼえてる。東京で最初にタクシードライバーを観たのはたしか87年。荻窪オデヲン座。あらいさんはこの日がはじめてのタクシードライバー体験。そのあとも数年に一度映画館で観た。ちなみにテレビ放映は一回だけ観た(津嘉山正種!)。ビデオやDVDで観たことはない。タクシードライバーのことを書き始めると止まらん。しょっぱい思い出もけっこうあるけどキリがないのでこのへんで。
肝心の今回のタクシードライバー鑑賞ですが、、、 今まで観たのとかなり違った。おどろいた。画面がビスタサイズ! 前はスタンダードサイズじゃなかった? 字幕の日本語訳もちがう。台詞が全体的にマイルドになってる。スポーツの台詞「種族に帰れ」は? ホルスター40ドル? あれってサービスじゃなかったっけ。記憶違いかな。あと何箇所かカットされてた気がする。で、一番おどろいたのがラストのアパートのシーン。色調・明度が落とされ、全体的にボンヤリ暗くなってる。惨劇シーンの詳細がほとんどわからない。こ、これは・・・
というわけで、10数年振りのタクシードライバー鑑賞はけっこうショックなものとなりました。今後、元に戻る可能性はあるんでしょうか。でも、映画自体は永遠に最高のまま。そういえば、初めて観た時は登場人物皆すっごい大人って感じに見えたけど、今観るとかなり若い。パランタインでさえ若い。今度観る時はたぶん10年後だけどさらに若く感じることでしょう。10年後ってわし生きてるんか?

posted by 薇頭 at 20:38| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

今年の初映画

今回は映画のことを書くので事前にどんな情報も知りたくない人はスルーでお願いします。扱う映画は、『東京オリンピック』『喜劇 とんかつ一代』『如何なる星の下に』の三本です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今年の映画鑑賞は、昨日観た早稲田松竹での『東京オリンピック』(1965年/総監督・市川崑)からスタート。スポーツの映画だし2時間50分と長尺だし大丈夫かな、と観る前は心配したけど、あっという間だった。オープニングとエンディングでチト泣いてしまった。全篇素晴らしかった。選手の体の極端なクローズアップ、大会に携わる人々の動き、観客の表情、街の様子、、、。
「競技の記録」ではなく「人と時の記録」だった。これを作った人たちの勇気に感銘したのと同時に、これって当時理解されたんか? と思って調べたら、「記録映画か芸術作品か」という論争に発展していたと知る。個人的には「記録映画」「芸術作品」という論争自体にとくに意味は見いだせず、素晴らしい作品を残してくれた当時の人たちに感謝! としか言いようがない。6年後の2020年に開催される(本当に開催されるのかな)東京オリンピックも映像として記録されるだろうけど、製作システムが確立されリスク分散のために観客に媚びた作品づくりが主流の現在、これを超えるものがつくられるかはチト疑問。システムを動かすためにヒトがいるのではなく、ヒトがいて初めてシステムは存在する、という当たり前のことをこの映画を観てあらためて確認。

早稲田松竹のあとはラピュタ阿佐ヶ谷に移動。『喜劇 とんかつ一代』(1963年/監督:川島雄三)、『如何なる星の下に』(1962年/監督:豊田四郎)。川島雄三の映画はけっこう観たけど『喜劇 とんかつ一代』は初見。川島作品によくあるグタグタ系喜劇かと思ったら傑作でビビる。スゴみと狂気を感じて笑うどころか冷や汗かいた。個人的には大映での川島作品が一番好きだけど(日活時代もいい!東京映画時代・東宝時代も好き・・・)、『喜劇 とんかつ一代』はそれを超えた気も。冷静になって近いうちに再見したい。今度、この映画の舞台になった上野の井泉に行こう。海老フライもあるようですよ、あらいさん。

【とんかつの唄 - 森繁久彌】


『如何なる星の下に』は去年観て大好きになったので再び鑑賞。やっぱオモシロい。ダメ人間クズ人間オンパレード。植木等演じる「五郎ちゃん」が最低で最高。ニッポン無責任時代の平均(たいらひとし)の裏の顔という自分内設定で見るとさらに楽しい。ラストの三益愛子と加東大介のアレはホントは悲惨なシーンなのに完全にコントで声を押し殺して笑う。ちなみにこの映画は池部良が演じる「倉橋」をどう捉えるかで、ラストの意味合いがまるで違ってくると思います。しかし何回観ても森繁久彌パートが無駄に長い(笑)。

さてここから本題。のつもりだったけど疲れたのでまた今度。
posted by 薇頭 at 21:25| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

20140101

あけましておめでとうございます。

140101.jpg

今年の目標は、昨日も書きましたが『ヒネ北経由厨行き』を描き続けることです。これが簡単なようで思わぬ障害が生じたりして去年がそうだったように案外スムーズにいかなかったり。とにかく制作が止まることだけはないようにしなきゃ。生活サイクルとしては、まんが制作をメインに、仕事、映画鑑賞、ライブ観戦、その他文化活動、外で人と会う、友人とバカ話し、ファシスト政権を倒す運動に参加、、、 まあ大体そんな感じで一年過ごすと思います。まあなんとかなるでしょうと自分達に言い聞かせつつ新年の挨拶とかえさせていただきます。

ゼンマイアタマ 荏本朋・あらいあき

【Eddie Russ - Tomorrow Is Another Day】
posted by 薇頭 at 12:43| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。