2009年12月06日

今日はどれに?

うーん。どうしよ。今日は、行きたいライブが三つも重なってる。高円寺で、AVFALLとUNARMの出る企画。中野では、AVSKUMのツアー最終。そして、渋谷で、kito-mizukumi rouber。うーん。こまった。茶道はやってないけど、わしの中の『一期一会スケール』に照らし合わせてみれば最終的には、やっぱ.... あれかなー
しかし、2日(水)のイステリスモ企画は良かった。UNARMにゃおどろいたなー。妙に客のキャベさんコールが激しいなーって思ってたら、イステリスモのサトシがキャベさんルック(ベースボールキャップ着用)で立ってんだもんな(笑)。あれは、誰でも笑うと思います。でも、じつは事前に、キャベさんが風邪でダウンして、サポートでサトシがギター弾くって聞いてたので、ホントの意味ではサプライズではなかったけど、それでも面白かったし楽しめた。ちがう人が演奏すると、当たり前ながら同じ曲でもまったく違う。色んなことがみえて面白かった。アンテリスモのあとのイステリスモはこれまた笑うしかないくらいに崩壊してて最高だった。とくに、クリーグスホッグのカバー。出だしだけクリーグスで後は完全に大崩壊。ホントに大崩壊(笑)。もちろんいい意味。次のD-cloneもスゴかったなー。ノイズの壁があまりにも高くて分厚いので、客のアタマはクラッシュ状態。最後のDISCLOSEのCONQUESTのカバーはジーンとしてしまった。考えてみりゃ、カバーとはいえ、ライブでDISCLOSEの曲を初めて聴いた。しかもD-cloneが演奏するわけだから。最後のAVSKUMはやっぱ最高だった。音に関しては、オーソドックスで今の日本の主流のノイズ主体の音作りにくらべたら迫力の点では物足りなさを感じるかもしれん。けど、あのなんともいえんモロでベタベタな感じは、もうこれぞ理想的Swedish D-Beat Raw Punkって感じで、聴いてるあいだは脳内で変な分泌液が出っぱなしで大変だった。

話しはいきなりかわって、昨日は、雨の中てくてく甲州街道を歩いて、初台WALLにAVFALL企画を観に行った。AVFALL(アヴフォール)の企画は、好みのバンドがたくさん出てるので基本的に参加。あ。そうこうしてるうちに、もうこんな時間。はよ書かんとやばい。
KROSSA(クロッサ)。いやー おどろいた。なぜかベースがイステリスモのサトシ。アンアームの時は知ってたからそんなに驚かんかったけど、これにはビックリ。現在、東京クラストシーンは、世間と同じく風邪が大流行中。あの人もあの人もあの人もダウン。新型ウィルスかどうかはわからないけど、とにかくワッルイ風邪がはやってる。ようするに、アンアームの時と同じく、メンバーの風邪による代打(大変だなあ)。急遽の編成にもかかわらず、クロッサはやっぱカッコ良かった。ちょうど一年ぶりに観る、名古屋のFOLKEIS(フォルケイス)。緊張感が増してて、違うバンド? っていうくらいカッコ良くなってた。予約してる新譜も早く取りに行かなきゃ。最後のAVFALLは当然ながらやっぱ最高。関東の空爆D-Beat Raw Punk勢の中では(そんなんあるんか?)、間違いなくトップ級のカッコ良さ。サウンド、メンバーの佇まい。ともに素晴らしいので、もっともっと、色んな人に知られていくといいなー と思います。ホントなら、AVSKUMのほうに出ればウレシかったけど、まあしょうがない。

というわけで、今日は、AVSKUM最終に最終的に決定! かな。晴れてよかった。しかし、あったかいな。じゃ、行ってきますー
posted by 薇頭 at 14:28| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。