2010年08月16日

チュウチュウカナッコもうすぐ発売

去年の5月、あらいさんがマンガ人生を再始動させてから(会社をクビになってから)、なんかしらんが色々巻き込まれわしの生活はもうメチャクチャです。『ゲゲゲの女房』観てる人はわかるでしょうが、マンガやってる人間なんてどっかおかしいですからまわりはたまったもんじゃない。なぜかわしの通帳の残高が猛スピードで0に近づくわ体を壊すわ。このままだと早死にする気がするけどそんなことはどうでもいいです。チュウチュウカナッコが発売されます。

『チュウチュウカナッコ』あらいあき
kanakkocover01.jpg
(クリックで拡大します)

定価:[本体1000円+税]青林工藝舎
判型:B6判並製 初版発行:2010年8月31日
ISBN:978-4-88379-323-5

今月25日、全国主要書店、ネット通販サイトなんかで発売されます。おまけとして、カナッコの4コママンガのしおりがつきますが、どこの本屋さんに配布されるかはわしらは把握してません。すみません。なお、中野のタコシェと、倉敷の蟲文庫では確実についてきます。そんでさらにその二店舗限定で、第9話(海の話しですね)の車中でのエピソードを描いたマンガチラシがついてきます。裏面はカナッコのネームと、それについてのあらいさんのコメントです。ちなみに、16日現在、まだそのチラシはできてません。発売までに間に合うのかなー。あとタコシェと蟲文庫にはサイン本が並びます。他の店舗でもサイン本が並ぶかと思いますが、そちらもわしらは把握してません。わかり次第報告します。詳細は、各ホームページで追って告知されると思いますのでそちらでご確認ください。

[青林工藝舎]http://www.seirinkogeisha.com/
[タコシェ] http://tacoche.com/
[蟲文庫]  http://homepage3.nifty.com/mushi-b/
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
例の友人こと(この呼び方、なんだか懐かしいなあ)、蟲文庫の田中美穂さんが、カナッコのことを8月16日のブログで書いてくれました。ありがとー!

[蟲日記]http://mushi-bunko-diary.seesaa.net/
     2010年08月16日『チュウチュウカナッコ』

【田中さんとあらいさん。都内のとある公園にて】
1008161.jpg
田中さんが東京に来た時は、三人でよく公園に行く。極めて体温の低いわしらはボソボソとおしゃべりしながらただただボケーッと歩く。この二人の後ろ姿を見てると、よく、「こいつらのアタマの中はいったいどうなってるんだろう」と思う。あと、「こいつらだけは敵にまわしたくない」とも思う。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ここから話し変わって。見ず知らずの人のブログを楽しみにしてるけど、更新がまったくされなくなるってことがたまにあります。その人の顔も名前も知らないこちらとしては、なんだかその人の存在が急に希薄になったり。でも、死んでなければ、その人はふつうに存在してます。というわけで、わしは死んでないので生きてます。ライブにも相変わらず通ってます。ネット上でわしの存在が希薄になってもライブハウスでは普通に人と顔を合わせ挨拶を交わし情報を交換し合ってバカ話しをしたり時には新しい出会いに人見知りながらたどたどしくも交流を始めたり。何が言いたいのかと言うと、ネット主導の今のコミュニケーション文化をどうにかして石器時代に戻してやりたいんです。というのは、ひさびさ飛び出たゼンマイ節で、ただ、いいライブがいっぱいあったけどちゃんと書けなくてすみませんと言いたい。うそ。すみませんなんてまったく思ってません。それではいきなり、前回更新の6月6日以降の個人的に良かったライブをざっと。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
6/12・新宿Loft[MOST]初めてPhewを観た。小学生の頃の恐い国語の先生を思い出した。
6/25・吉祥寺マンダラ2[石原洋 with Friends]久々のバンド形式の石原さんのライブ(朝生さんのゲストの時も最高だった)。なんか全てがヌけてた。今度またあるので絶対行く。
6/27・恵比寿Liquidroom[Lip Cream]わしらが知ってるリップではなく、完全に今のリップだった。Waterbedのジャジャさんがリップで好きなように唄ってるって感じで最高!
7/3・横浜天王町Orange County Brothers[Döraid]1stアルバム “Fight Against Oneself” が素晴らしかったので、遠い場所だけど我慢できずに観に行った。音源どおり、あまりにもカッコ良かったので驚いた。会場超満員じゃなかったのにも驚いた(音源即完売でネットで高値取引されてるのに)。会場そのものにも驚いた。なんかもう完全に異空間でシビレまくった。そんで7/18の初台WallにもDöraid観に行った。やっぱ素晴らしかった(この日は超満員)。初めて観るG.A.T.E.Sにも興奮した。ようするにゼンマイアタマは、Metal Punk Death Squad(MPDS)なのかもしれん。MPDS NIPPONバッチ持ってるし。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
クラストなんかのライブについてはまたの機会に。あ。フランスのState Poison、最高でした。まだツアー中なので、興味がある人は是非。やっぱ、欧米系の人のやる2ビートノイズコアは中毒性が高いです。Lebenden Totenもまた観たい。あと、東京にわし好みの新しいクラストバンドが誕生したのでそのことを。

【Filthy Hate - Hatred Stench Corpse】(1st Demo Tape)
1008162.jpg

Filthy Hateは、東京のあのバンドやあのバンドの人達からなる男女6人組。どうりでカッコいいわけだー。いわゆる、Late UK80'sサウンドで、黒いは黒いけど割とカラッと湿度が低いので何べんでも聴ける。あらいさんと一緒に聴いてて、ふたりともすぐに1986年当時わしが住んでた下高井戸のアパートを思い出した。当時この家の便所に、Concrete Soxの “Your Turn Next” のインナースリーブを貼り付けてたからです(笑)。ようするにFilthy Hateは、下高井戸のアパートの便所、じゃなくて、Concrete Soxを彷彿とさせる極上ステンチサウンドなのです。9/23新大久保 EarthdomでのKriegshogとFinal Bombsのレコ発で初ライブみたいなので超楽しみ。

【Concrete Sox - Your Turn Next】('86)
1008163.jpg
(クリックで拡大)

このアルバム、メチャクチャ好きだった。一時期、聴いてなかったけどここ数年復活。右がインナースリーブ。汚い服は落ち着く。このスリーブによって完全にそう刷り込まれた。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

話しはチュウチュウカナッコに戻って。今月末発売のアックス76にカナッコは掲載されません。そりゃそうだ。単行本にむけての作業があんなに大変だとは思わなかった。まあ、自分達が勝手におおごとにしたわけですけど。色んな人に迷惑かけました。すみません。でも、粘っただけあっていいものが出来たと思います。というわけで、みなさんよろしくお願いします。
ところで先日、あらいさんに、ブログとかツイッターはやらないの? って聞いたら、「一生やらない」との返事でした。さすが。なので、なんかあったらこのブログでお知らせします。


posted by 薇頭 at 22:28| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。