2012年12月31日

20121231

♪タベテハ〜イテマタタベテ♪ 昨晩から大晦日の真っ昼間の現在にかけてこの歌詞がアタマの中枢をグルグル。。。 ♪♪♪♪タベテハ〜イテマタタベテ タベテハ〜イテマタタベテ♪♪♪♪
昨日のタコ最高だった。。。



『嘔吐中枢は世界の源』を知ったのは1986年。タコの音源からではなくあらいさんの鼻唄から。当時通ってた学校の課題の絵を横浜のあらいさんの実家で制作してる時 ♪タベテハ〜イテマタタベテ タベテハ〜イテマタタベテ♪ とあらいさん、繰り返し歌ってた。初めて聴いたときはギョッとした。それなに? と聞いたら「タコ」。この会話たまに思い出す。昨日のタコ見ながらも思い出した。

12月19日、二十年振りくらいにあらいさんの実家にお邪魔した。あらいさんの父親が亡くなったから。亡くなったのは12月14日。ちなみにこの日は大人計画の芝居を観に行ってた。大人計画超ひさしぶり。『生きちゃってどうすんだ』(作・演出:松尾スズキ、天久聖一/出演:松尾スズキ)。松尾さんの一人芝居。劇中に流れる映像にあらいさんが新井亜樹として出演。新井亜樹が大人計画の芝居に関わるのは、1998年『Heaven's Sign』以来。芝居の感想だけど簡単にまとめられそうにないので投げうっちゃうとして(年越しソバとか買い出しに行かなきゃいけないし)、個人的には “亜樹” の映像の台詞に震えた。

『あんた、まじでうっとうしいんだよ! 死んじまえ! とは言わないよもう。
 生きちまえ! 一人ぼっちで生きちまえ! 永遠に生きちまえ!』

話しが逸れたので戻す。あらいさん、十数年振りにお父さんと対面。わしも二十数年振りに対面。棺の中に、帽子、眼鏡、花をたくさん入れた。あっという間に通夜と葬式が終わった。東京に帰ってからあらいさん一言、「棺桶の中にカナッコとヒネヤ入れればよかった。忘れてた」。そうなんだよな。結局、あらいさんがマンガを描いてることを知らずに死んでしまった。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2012年もあとわずかで終了。まんがを読んでくださった方、お世話になった方々、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくおねがいいたします。

さて、今年最後の曲は何にしよう。父ちゃんのポーが聞こえる、で終わってもよかったけど、ここ数日ゼンマイアタマはジャパニーズシティポップ大ブーム中。というわけで、二年前と同じく吉田美奈子。頬に夜の灯もいいけど、やっぱここはLIGHT'N UP。キラキラ感大増量で2012年終了。皆様よいお年を!

posted by 薇頭 at 11:56| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。