2013年11月10日

11月9日のこと

昨日は池袋・新文芸坐で、「馬鹿が戦車(タンク)でやって来る」「ほんだら剣法」、そして犬塚弘のトークショーを見てきた。「馬鹿が戦車でやって来る」は初めて観たけど、思ってたよりブラックな話しだった。村の中で孤立しやがて暴発する主人公。観てる最中、津山事件(都井睦雄事件・津山三十人殺し)、今年7月に山口県周南市で起こった連続放火殺人事件なんかを思い出した(あとツイッターやラインなんかのSNSのことも少々)。とはいえ、そんなヤな感じではなく、笑いとペーソスが随所に注入され、まんがでいえば山松ゆうきちワールドに近くわしら好みの世界だった。「ほんだら剣法」はボンヤリとした映画だったけど、藤村志保が色っぽかったし、木村玄がけっこう出てたしで、なんだかんだで最後まで楽しかった。



犬塚弘のトークショーは、まず、あっちの世界にいるクレージーキャッツのメンバー全員を招集するという粋なスタート。メンバーせっかく勢揃いした割には、ほとんどの時間を谷啓がいかに変わった人物かという話に費やすという(笑)。弁当の食べ方の話し、ダンヒル事件、ハナ肇のお通夜(葬式だっけ?)の時の話しなどどれも可笑しく、谷啓主演の奇々怪々 俺は誰だ?! の主人公、鈴木太郎は、谷啓そのものって気がしてきた。今度は是非他のメンバーの話しも聞きたい。

新文芸坐のあとは東高円寺二万電圧へ。Death Dust Extractor最高過ぎた。最高過ぎて書くことがない、、、 いつか津山でデスダスト観よう、、、 ホルモンうどんも食べよう、、、 そんで加茂にも行こう、、、

posted by 薇頭 at 23:00| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。