2014年02月06日

GO VOTE!

もうすぐ東京都知事選。最近、あらいさんとの話題はこのことばかり。刻々と変化していく情勢、凄まじい情報量。ヘトヘトになるけど、アタマの中アドレナリンが出てるのか結構楽しい。
ところで、前回も書きましたがシネマヴェーラ渋谷で『独立機関銃隊未だ射撃中』が上映されます。戦上に放り込まれると、ヒトが(精神的肉体的に)どうなるかを克明に記している映画です。思想信条関係なく、誰が観ても感ずるものがあると思います。初日が選挙前日の8日(土)。今のところソフト化されてないのでこの機会に是非。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最近、色んなまんが家やイラストレーターが、投票を呼びかける選挙ステッカーを作ってた。こういうことがきっかけになって、ネットの中だけでなく現実の生活の場でも政治のことを気軽に話し合える社会になればいいなと本気で希望。
創作活動してる人(映画・音楽・小説・漫画....あとたくさん)は政治を語るな作品だけ作ってろという意見をたまに、いや、よく耳にする。個人的にはそれには反抗。作家だろうがなんだろうがそんなの関係ない。色んな人の色んな考えを知りたい。生活の中に政治が組み込まれている以上、政治は生活の一部。なにが言いたいのかというと、「音楽や映画やスイーツの話しをするのも政治の話しをするのも同じ。すこしでも政治に対する関心をたかめ投票率をあげたい。無関心でいることや棄権することを心の底で歓迎する政党や政治家がいる以上、投票率をあげてビビらせたい!」と言いたいんです。
「政治を語るのはダメ」って言う人みたいに、「政治を語らないとダメ」って言うつもりはない。ただ、自分は語らないのに、語る人のことをバカにしたりくさしたりして気持ち良くなってる人を見つけたら、例によって呪いをかけます。ヤバいっすよ。

「今回の選挙は脱原発が争点。脱原発候補が勝たなければ日本が終わってしまう。新自由主義とか国家戦略特区とか言ってる場合じゃない。負けたら意味がない」。一本化を主張する人たちを中心に、こういった声を聞く。皆、それぞれ危機感をもって真剣に悩んで叫んでる。もし脱原発候補が負けたとしても、自分達はそれで終わりだと思いません。勝ったとしてもそれで終わりじゃない。先月の沖縄名護市長選挙の結果をみてもわかるように、安倍政権は選挙結果をどうとでも解釈する民意完全無視のファシスト政権。都知事選で脱原発候補が選ばれたとしても、再稼動や原発輸出は “粛々と” 進めるでしょうし。選挙は通過点。勝った負けたで市民運動が終わるなんてあり得ない。選挙で民意を示し、デモや抗議行動に参加していく。もちろんまんが中心の生活は維持。まんが描いて働いて遊んで時間のある時に抗議。そんでまたまんが描いて働いて遊んで抗議。そのくり返し。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ブラック企業に代表される雇用に関する様々な問題。新自由主義の象徴であるオリンピック開催の問題。候補者を支持する政党への反発や軋轢。福祉、医療、憲法改正、ヘイトスピーチ、その他たくさんの問題。選挙権がある人、選挙権がない人、無関心の人、棄権する人。もうすぐ9日。
そして選挙後も日常は続き、東京デモクラシー、というより、日本デモクラシーも続く。この先なにが起こるかまったくわからない。自分たちの考えも、状況状況に応じてどんどん変化させて柔軟に対応していかなきゃ。と、自分たちに言い聞かせて今回は終わります。あ。一本化騒動が起こって感謝してることがある。自分達が行動するうえでなにが大切なことなのか、それがすこしだけわかった。イデオロギーを作品に反映させることはないけど、悩んで掴んだこの感覚はこれから作品に反映されていくと思います。

というわけで、、、 GO VOTE!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ブログを書き終えて休んでたら、広島の父から電話。な、なにごと? 「選挙はどうなあ? どこに入れるん?」。ビックリした。またガンのことかと思った。宇都宮けんじに入れると告げる。「ほうか。それならまあええが。ほいじゃが票が割れるのは残念じゃのう。原発なくしていかにゃあいけんのじゃがのう」。

父としばらく言葉を交す。こちらが考えてる以上に今回の都知事選を重くみてると知る。戦争を体験した父としては、今の政府の動きは戦争を始める準備をしてるとしか思えないので、脱原発で民意を示し、その流れで安倍政権の動きを止めたいらしい。同意。ちなみに、父は十六歳で広島市内で被爆。特定政党の支持なし。父から思想的政治的な教育を受けたことなし。
話しを戻すと、今回の都知事選で脱原発候補が落ちたらこの国は危ないという。「大丈夫。負けたとしてもみんなで反対し続けるけえ」。言葉にした途端、ものスゴく不安になる。大丈夫って? みんなって? 反対し続ける? 戦争を体験したおそらく最後の世代に、最後の最後まで戦争の心配をさせる政治ってなんなんだろう。
posted by 薇頭 at 21:00| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。