2014年02月24日

小津安二郎とハードコアパンク

22日(土)。銀座、東京国立近代美術館フィルムセンター。『小津安二郎の図像学』展を観に行く。小津安二郎直筆絵コンテ、直筆シナリオ、衣裳の参考生地、子供の頃に描いた絵、小津作品で使われた絵画コーナー、小津デザインの湯呑(レプリカ販売希望!)など貴重な展示内容に興奮。
小津安二郎の映画を初めて観たのが、90年4月29日三鷹オスカー。『彼岸花』『秋刀魚の味』『お早よう』の三本立て。なんだこりゃ!? オモシロすぎる!! 5月3日、同じく三鷹オスカーで『早春』『晩春』『東京物語』。そのあと早稲田のACTミニシアターでサイレント期の作品を何本か観て、11月3日に『秋日和』『麦秋』『小早川家の秋』。これも三鷹オスカー。そのあとも大井武蔵野館なんかで観る。完全にクセになった。小津作品って常習性が高い。
秋日和のトップシーン、東京タワーに衝撃を受けた瞬間を今でも鮮明におぼえてる。昭和三十年代の世界文化社『新日本大観』『新しい日本』のカラーグラフというか、あのクラクラくる感じ。構図・色彩、あまりにも気持ちいい。監督作品全54作中、カラー作品は6本しかないけど、個人的には色彩の人という印象にどうしてもなってしまう。小津自身、人一倍色彩にこだわりをもっていたため、逆にカラー映画に踏み切ることができず長いこと躊躇していたらしい。それを後押ししたのが漫画家の横山隆一だそう。横山隆一えらい! とはいえ白黒作品ももちろん最高。去年、サイレント期の『非常線の女』を観たけど良過ぎた。時子(田中絹代)が切なくて、、、

【東京国立近代美術館フィルムセンター】http://www.momat.go.jp/FC/fc.html



フィルムセンターのあとはお腹が空いたので、ここから徒歩十分くらいのところにある、中華三原に向かう(カレーコーナー三原も行きたかったけど猛烈に炒飯が食べたかった)。途中、異常な数のK動隊に行く手を阻まれる。

140224.JPG

やっとこさ中華三原到着。ごはんがなくなったとのことで目的の炒飯は品切れ。残念。悩んだあげくワンタンメンを注文(あらいさんは揚焼そば)。おいしい。ごちそうさま。三原の炒飯ひさしぶりに食べたかった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

銀座のあとは中野に移動。中野heavy sick ZERO『High Speed Freaks #1』。小津安二郎の図像学展で気持ちがよくなった直後にみたアレ。相当気分が悪くなったけど、ハードコアの音の洪水にまみれてるうちに調子があがる。
Visitor、Little Bastards、Death Dust Extractor、Life、C.F.D.Lに感謝。

【Death Dust Extractor】2/22@中野heavy sick ZERO


そういえば銀座のあの集団を見てた時、偶然通りがかったと思われる二十代後半くらいの男女二人組のこんな会話が耳にはいってきた。

女「これ見て何とも思わへんの?」
男「んー別に」
女「えー! こんなん差別やん!」
男「何を言うのも自由だと思うよ」
女「ウソやー! 自分らが外国行ってこんなん言われたらどう思うん?」
男「別に・・・。これが自由ってことなんじゃないの?」

女性に加勢したろうかと思った瞬間、歩行規制が解かれてモミクチャに。二人組とはぐれる。二人の会話、このあとどうなったんだろ。もしカップルだったら、こんな男となんか別れてしまえ! と思ってしまった。わははは。どんな主義主張もあっていいと思うけど。まあアレはないっすよ。しかし炒飯食べたかった。。。
posted by 薇頭 at 20:05| ゼンマイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。